Dr. ARとは

目的

拡張現実感(以降「AR」とする)技術は、現実空間にデジタル情報を重畳表示し提示する技術である。従来広く用いられていた紙面の手順書の代わりに、この技術を適用することで、様々な作業の効率(早さ・正確性・理解のしやすさ・負荷など)を改善できることが知られている。近年、HoloLensなどの優れたAR用ハードウェア技術が登場し、Unityなどのソフトウェア開発環境と組み合わせることで、容易にARシステムが開発出来るようになった。しかし、システム製作において、作業者にどのような情報を利用して分かりやすく利用者に伝えるかを設計する「情報デザイン」を適切に行わなければ、作業支援に十分な効果は期待できない。本サイトでは、全ての利用者が一定の効果を持った高品質なARシステムを作成可能になることを目指している。

概要

「Dr. AR」とは、ヘッドマウントディスプレイ(以降「HMD」とする。)を使用して作業支援を行うARシステム製作を補助するためのガイドラインである。本ガイドラインでは、様々なARを用いた情報提示方法の中から利用可能な技術に応じて、適切なものを選択させ、一定の効果を持ったARシステムの情報設計を可能にする。

対象とする利用者

(基本的に以下の要件をすべて満たす方)

・特定の作業の支援を目的としたARソフトウェアを設計したい方
・Unity等のメディアプラットフォーム、ならびにHoloLens等のHMDを使用した開発技術を持つ方
・ARソフトウェア開発のノウハウを獲得したい方

対象とする作業

(基本的に、以下の要件をすべて満たす作業)

・組み立て作業
・1人で行う作業
・広い範囲を歩き回らない作業
・遠隔操作を使用しない作業

対象作業例

・機械部品の組み付け作業
・サーバの筐体への配線作業
・家具の組み立て作業
・商品の梱包作業

開発者

本ガイドラインは、奈良先端科学技術大学院大学と株式会社富士通研究所とが共同で作成したものです。

参考文献

本ガイドラインで扱う個別の支援技術等はこれまで発表された論文を参照しています。(参考文献一覧へ